シャッターがお店の看板になる

チョークアート

チョークアートのあたたかなイラストがシャッターに

こんにちは、4月になりますが、納品させていただいたチョークアートのイラストを使用して作ったシャッターをご紹介します。最近はシャッターに絵が描かれたものを見ることもなくなりました。しかし、シャッターはお店の存在感を表現する大きな看板でもあります。

今回は、パン工房の一角を新たにショップにすることで、焼きたてのパンを近所の方が購入できる、直売スタイルということで、工房の部分はシャッターを下ろしたまま。その下しているシャッターが看板になるという機能性を持たせています。

 

イラストを他の印刷物に応用

米粉を扱うパン屋さんなので、色などに和風の要素も加えながらデザインしました。そのほか、オリジナルのぼりや、ショップカード、パッケージデザイン、手提げ袋のデザインなども行いました。こうして、デザインイメージを統一することで、お店全体のイメージが固まり、お客様のお店の印象が強まります。

関連記事

  1. チョークアート壁画
  2. チョークアート

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP